包茎のデメリットとは?

包茎は亀頭が皮の中に埋没している状態で、勃起すると正常な状態になる仮性包茎を含めると日本人の過半数が包茎であるデータがあります。陰茎からは尿や体液などが出ていることから、包茎を放置していると亀頭に細菌が繁殖しやすくなります。臭いの元になりますし、亀頭に細かな傷がついた場合、化膿するリスクが高くなります。見た目の悪さだけではなく、衛生面でも問題があります。また多くの人は包茎をコンプレックスにしています。精神的な部分でもデメリットが大きくなります。

包茎が解消されるとこんなに良いことが

包茎を治療すると、亀頭の裏を清潔に保つことができます。毎日のお風呂で注意深く洗う必要もなく、他の部位を洗うのと同じ調子で亀頭を洗うことができます。また見た目が良くなることから、パートナーとの営みでも良い印象を与えられるでしょう。スムーズに亀頭が露出することから性感も上がります。包茎の悩みは当然のことながら、もともと包茎でない人には存在しないものです。手術など、適切な治療を行うことで解消されるのですから、悩み続けるのは非常に無駄なことです。

整形外科や泌尿器科で治療ができます

包茎手術は多くのクリニックで診療科目として取り扱っています。費用については数万円から数十万円と大きく差があります。歯科治療と同じように、最低限の治療で良ければ保険も適用されますし、非常に安価で済ませることができます。そこに形を美しく仕上げる施術が入ることで値段が上がります。最低限の治療では手術跡が目立つケースもあり、一生ものの治療と考えると美しさを追求することも重要であると考えます。クリニックを選ぶ際には口コミなども参考にすると良いでしょう。

包茎とは亀頭が包皮に覆われたままの状態になっていることで、完全に覆われた「真性」、勃起時に亀頭が露出する「仮性」などに大別されます。