ヒアルロン酸豊胸の注意点とは

ほうれい線などの固定じわや、豊尻や豊胸に涙袋形成などのようにあらゆる部位に使うことがができるのがヒアルロン酸の良さです。プチ豊胸としてわずか10分程度の施術でバストにボリュームとハリを出すことができます!しかも、細かく注入する量や位置を調整したい時にいいんですよ。すぐに戻せるのもメリットですが、担当する医師の技術が足りなかったり、注入するべき量を見誤ってしまうと、しこりができてしまうというリスクも…。

ヒアルロン酸のしこりって

人体の構成成分の一つでもあるヒアルロン酸は、本来は時間経過とともに吸収されていくものです。だからヒアルロン酸豊胸をすると一年くらいで元に戻ってしまうのでしょう。吸収されなかったヒアルロン酸の一部がしこりとして胸の中に残ってしまいます。乳腺をレントゲンで撮影した時にも、しっかりとしこりが映り込むので、どれだけできているかすぐにわかるでしょう。自分で除去はできないので、修正するならクリニックに行かないといけません。

しこりを取る場合は…

しこりができてしまった場合は、ヒアルロン酸を溶かす効果のある酵素を胸に注入すれば加水分解されます。溶かされたしこりはジェル状に変化するので、これを吸引することで治療は完了です。ヒアルロン酸豊胸を修正するクリニック選びをする時には、しこりの位置と量を正確に判断できるところを選ぶようにしましょう。しこりの数が多いと触診だけでは把握しきれない場合もあるので、エコーで画像診断してくれるところがいいですよね。

処女膜は、自慰や性行為の他にも、激しい運動などのさまざまな要因で自然に破れてしまうものです。一度破れてしまった処女膜の再生を実現するためには、再生手術を受ける必要があります。